当サイトは広告・プロモーションを含みます
熱中症に気をつけてお過ごしください
PR

【二重スリーブの透け防止インナー】ホビーベース・UVプロテクトカラースリーブの特徴

この記事では、トレカの背面を透けなくするために重宝する『ホビーベース・UVカラースリーブ』について以下の内容でまとめています▼

  • UVプロテクトカラースリーブ「TCGジャストサイズ」と「ミニサイズぴったりサイズ」
  • カードを入れた時の余白の見え方
  • UVプロテクトカラースリーブ単体の透け具合
  • 二重スリーブにした時の透け具合
  • 二重スリーブを組み合わせるときの注意点とおすすめサイズ

スポンサーリンク

透け防止インナースリーブ:UVプロテクトカラースリーブ

▼63×88㎜カード用(ポケカ、ワンピースカード、ギャザリングなど)

▼59×86㎜カード用(遊戯王OCG、ラッシュデュエル、ドラゴンボールヒーローズ、カードダスなど)

商品名UVプロテクトカラースリーブ
サイズ
外寸
TCGジャストサイズ▶︎
約64×90㎜
(63×88㎜カード用)

ミニサイズぴったりサイズ▶︎
約60×88㎜
(59×86㎜カード用)

※実寸も同等
タイプインナースリーブ
ソフトタイプ
UVカット率
(簡易測定)
290〜390nm 約80%カット
厚み前面:0.05㎜/背面:0.05㎜
クリアブラック(背面がスモーク)
枚数50枚
発売元株式会社ホビーベース
イエローサブマリン
ホビーベース:UVプロテクトカラースリーブの特徴

スポンサーリンク

「TCGジャストサイズ」と「ミニサイズぴったりサイズ」の違い

「TCGジャストサイズ」と「ミニサイズぴったりサイズ」の違いはサイズのみ

▼TCGジャストサイズ=63×88㎜カード用

ホビーベース・UVプロテクトカラースリーブ:TCGジャストサイズ(63×88㎜カード用)

▼ミニサイズぴったりサイズ=59×86㎜カード用

ホビーベース・UVプロテクトカラースリーブ:ミニサイズぴったりサイズ(59×86㎜カード用)

カードを入れた時の「TCGジャストサイズ」と「ミニサイズぴったりサイズ」の余白

ホビーベース・UVプロテクトカラースリーブ:TCGジャストとミニサイズの余白の見え方
  • TCGジャストサイズ▶上の余白:約1㎜/カードの出し入れ:スムーズ
  • ミニサイズぴったりサイズ▶上の余白:約1㎜/カードの出し入れ:きつめ

「TCGジャストサイズ」と「ミニサイズぴったりサイズ」の透け具合

ホビーベース・UVプロテクトカラースリーブ:透け具合
  • UVプロテクトカラースリーブは、スモーク(半透明の黒色)なのでスリーブのみを目視するとやや透けている
  • ライトを当てると透ける
  • カードを入れると、背面の柄はほぼ見えない
  • スリーブの開口側から光が入るとやや透ける恐れがあるため縦幅に余裕のある色付きスリーブが二重目にオススメ 

    ※目安はインナースリーブより縦幅2㎜大きいスリーブを被せた時に1㎜程度の余白(縦幅1㎜大きいスリーブでは余白がなく、はみ出す可能性が高い)

縦幅1㎜大きいスリーブでははみ出す説▼
1㎜差のスリーブを被せた画像を後半に添えています。

スポンサーリンク

背面が透けるキャラスリーブのインナースリーブにおすすめ『ホビーベース・UVプロテクトカラースリーブ』

透け具合は同じため、TCGジャストサイズで比較しています。

▼ライトを当てた時

TCGジャストとミニサイズの二重スリーブ時の透け具合

▼通常時

左:透ける/右:透けない
ホビーベースUVプロテクトカラースリーブをインナーに使うと透けない
やや背面が透けるスリーブを例として使用しています
「ポケモンカードゲーム・デッキシールド・プロ」
「ドラゴンシールド・マットタイプ」
  • どちらのスリーブも単体では背面がやや透ける
  • 「ホビーベース・UVプロテクトカラースリーブ」をインナーとして使用するとライトを当てた時の透け具合が大幅に軽減される
  • 二重スリーブにすると背面は透けない

TCGジャストサイズ:二重スリーブ時の余白の見え方

ホビーベース・UVプロテクトカラースリーブ(TCGジャスト):二重スリーブ時の余白

▼拡大▼

ホビーベース・UVプロテクトカラースリーブ(TCGジャスト):二重スリーブ時の余白・拡大
  • 公式キャラスリーブ(デッキシールド)/外寸:66×92㎜
    ▶上の余白:約1㎜/カードの出し入れ:スムーズ
  • ドラゴンシールド/外寸:約66.5~67×92.5~93㎜
    ▶上の余白:約1.5㎜/カードの出し入れ:スムーズ

TCGジャストサイズ:二重スリーブ時によれやすい?

▼左:ポケカ公式キャラスリ横幅66㎜/右:ドラゴンシールド横66.5㎜

左:横幅66㎜▶よれる/右:横幅66.5㎜▶僅かによれる

▼ホビーベースTCGハード(66×91.5㎜) ※フルプロテクトスリーブRのコレクション用にも合います

ホビーベース:UVカラースリーブTCGジャスト+TCGハード

僅かによれがみられますが、ポケカキャラスリほどよれません。

▼ブロッコリー67×92㎜キャラスリーブ:出前一丁

ホビーベースUVカラースリーブTCGジャスト+ブロッコリーキャラスリーブ出前一丁

横幅67㎜と左右に約1.2〜1.5㎜の余白があるためインナーのよれは少ないです。

ただし、出前一丁キャラスリーブは下側の折り返し部分で1㎜くらい余白が使われているので縦幅の余白は約0.02㎜ほどになります。

  • 横幅66㎜の公式キャラスリーブではよれが目立ち、横幅66.5㎜のドラゴンシールドスリーブでは僅かによれるので「TCGジャストサイズ」には横幅66.5~67×縦幅92~93㎜のスリーブがおすすめ
  • カードスリーブは製造時期や個体差によって差があります

「TCGジャストサイズ」には横幅66.5~67×縦幅92~93㎜のスリーブがおすすめの理由

UVプロテクトカラースリーブ+上:KMCハイパーマット(66×91㎜)/下:ブロッコリースリーブプロテクターM(68×93㎜)
  • 横幅66㎜以下は、インナースリーブのよれが目立つ
  • 縦幅91㎜以下は、インナースリーブがはみ出す
  • 以上のことから、横幅66.5~67×縦幅92~93㎜が「TCGジャストサイズ」に向いている
  • 例①:ドラゴンシールドのマットorクラシックタイプ(約66.5〜67㎜×92.5〜93㎜)
  • 例②:キャラクタースリーブ(約67×92㎜) ブロッコリー/ブシロード/ムービック/エンスカイなど

▼ブロッコリー/キャラスリーブ:出前一丁

▼ブシロード/キャラクタースリーブ:シャドバ×ウマ娘

▼ムービック/キャラクタースリーブ:ダンまち

▼エンスカイ/キャラクタースリーブ:ウマ娘

▼67×93㎜までのスリーブを収納できるUVカットマグネットローダー

ミニサイズぴったりサイズ:二重スリーブ時の余白の見え方

▼遊戯王:公式キャラスリーブ(63×90㎜)を使用

遊戯王:公式キャラスリーブ(63×90㎜)にホビーベース・UVプロテクトカラースリーブ・ミニサイズぴったりサイズが合う

▼二重目に62×89㎜スリーブを使用

ミニサイズぴったりサイズ:縦幅89㎜の二重目を使うとインナースリーブがはみ出す
  • 遊戯王:公式キャラスリーブ/外寸:63×90㎜
    ▶上の余白:約0.6㎜/カードの出し入れ:横幅にやや余裕がありスムーズ
  • ドラゴンシールド・ジャパニーズサイズ/外寸:62×89㎜
    ▶上の余白:ギリギリはみ出す/カードの出し入れ:ややきつい
  • KATANA・ジャパニーズサイズ/外寸:62×89㎜
    ▶上の余白:約0.5㎜はみ出す/カードの出し入れ:ややきつい

ミニサイズぴったりサイズ:二重スリーブ時によれる?

左:横幅62㎜▶僅かに横向きによれる/右:横幅63㎜▶幅にやや余裕がある
  • 横幅62㎜のスリーブを被せると横向きにややよれる
  • 横幅63㎜のスリーブを被せると横幅にややに余裕がある
  • 以上のことから、「ミニサイズぴったりサイズ」には横幅62.5~63×縦幅90~90.5㎜が向いている
  • 例:遊戯王公式キャラスリーブ

まとめ

TCGジャストサイズ
(外寸:64×90㎜)の特徴
  • 63×88㎜カード用のソフト・インナースリーブ
  • カードを程良く出し入れしやすい
  • 背面が透けにくく、プレイ用に向いている
    ※背面が透けてしまうアウタースリーブとの相性がいい
  • 発売元によると、UVカット率は簡易測定器で290〜390nmの紫外線を約80%カット
  • 約0.05㎜と定番の厚みだが、素材が柔らかいためか横幅に余裕がないとよれやすい
  • 二重目のスリーブに向いているサイズ▶横幅66.5~67×縦幅92~93㎜ ※一般的なスタンダードサイズ用(約67×92㎜)のキャラスリーブに合う
ミニサイズぴったりサイズ
(外寸:60×88㎜)の特徴
  • 59×86㎜カード用のソフト・インナースリーブ
  • カードの出し入れ:ややきつめ
  • 背面が透けにくく、プレイ用向き
    ※背面が透けてしまうアウタースリーブとの相性がいい
  • UVカット率:簡易測定器で290〜390nmの紫外線を約80%カット
  • 横幅に余裕がないとよれやすい
  • 二重目のスリーブに向いているサイズ▶横幅62.5~63×縦幅90~90.5㎜

共通の注意点:二重スリーブにするときは、縦幅が1㎜差でははみ出すので縦幅については約2㎜の差のアウタースリーブがおすすめ

タイトルとURLをコピーしました