【カメラ📸マイク🎙トレカ🃏の湿気対策】カビ・サビ予防/密閉ドライボックス+乾燥剤シリカゲル

[家電・電化製品]
Spotify:星のカービィ-ロボボプラネット
  1. 【手動の防湿庫】パッキン付き収納BOX(通称:ドライボックス)で湿気対策
  2. カビの発生しやすい条件
  3. カビ・酵母・細菌の生育可能な最低湿度
  4. カビが活動しやすい温度
  5. ドライボックス・防湿庫は家の中のどこに置けばいい?
    1. 室内でカビが繁殖しやすい具体的な場所
  6. サビ(金属腐食)が起きやすい湿度
  7. 【ドライボックス】Amazonの売れ筋(ナカバヤシ/HAKUBA)
  8. 【カビ•サビ予防】密閉収納ボックス+乾燥剤シリカゲルの使い方
    1. シリカゲルの再生・再利用方法
    2. シリカゲルは何年使える⁉︎
    3. 7年経った古いシリカゲルを再利用してみよう💡
    4. 再利用したシリカゲルは何分後に効果があるのか?
    5. 遅効性の石灰乾燥剤『キングドライ』
  9. 強力除湿⁉︎コンセント乾燥式 モバイルドライ/東洋リビング製
  10. <防カビ>ドライボックスにカビ防止剤はいる?いらない?
    1. 防湿剤と防カビ剤の違い

【手動の防湿庫】パッキン付き収納BOX(通称:ドライボックス)で湿気対策

トレーディングカードゲーム、カメラ、スマホ周辺機器、オーディオ機器(マイク・レコーダー)など様々なものを湿気から守るために使える密閉ドライボックス+乾燥剤!

ナカバヤシ ドライボックス 8L+シリカゲル+カビ防止剤

この記事では下記の内容をまとめています▼

  • カビ・サビの発生する条件
  • パッキン付きのドライボックスとシリカゲルの使い方とその置き場所
  • 通販で売れ筋のドライボックス
  • 乾燥剤シリカゲルと石灰乾燥剤
  • シリカゲルの再利用方法

スポンサーリンク

カビの発生しやすい条件

カビの繁殖を促すBIG3
  • 湿度60%以上(80〜90%でほとんどのカビが活性化)←60%以下に保つと発生しにくい
  • 繁殖しやすい温度20〜30度←氷点下では発生しない、50度以上から死滅しやすくなる
  • 栄養分(有機物、皮脂、汚れ、ホコリ、食べ物など)

これらの条件が揃うと発芽、繁殖します。

氷点下で繁殖はしないものの、既にカビが混入しているものが凍った場合には中で生息している

カビ・酵母・細菌の生育可能な最低湿度

微生物の生育可能な最低Aw
水分活性(Aw)=Water Activity
Aw
細菌緑膿菌、床ずれの原因菌
(Pseudomonas aeruginosa)
0.97
大腸菌
(Escherichia coli)
0.95
枯草菌、納豆菌の仲間
(Bacillus subtilis)
0.95
黄色ブドウ球菌
(Staphylococcus aureus)
0.86
酵母カンジダ、カンジダ症の原因菌
(Candida albicans)
0.94
アルコール発酵酵母
(Saccharomyces cerevisiae)
0.89
耐浸透圧性酵母、醤油の熟成酵母
(Saccharomyces rouxii)
0.61
カビケカビ、アミロ菌
(Mucor rouxii)
0.93
クモノスカビ
(Rhizopus nigricans)
0.94
青カビ
(Penicillium citrinum)
0.83
黒麹カビ
(Aspergillus niger)
0.88
乾性カビ、好乾菌
(Aspergillus repens)
0.65
乾性カビ、好乾菌
(Aspergillus ruber)
0.65
出典:文部科学省-2.カビの生理生態と生育環境

平衡相対湿度(ERH:Equilibrium Relative Humidity)▶︎物質と周囲の水分交換がない状態における相対湿度

平衡相対湿度=水分活性(Aw)×100

カビの種類によるものの、文部科学省の『カビ 基礎編』によるとカビが発生しやすくなる相対湿度は65%以上です。

そのため、基本的にはドライボックスや防湿庫の中の相対湿度を60%以下に保つとカビの発芽を防ぐとされています。

通常では対象とする物質のAwを0.6以下に保持するとカビは全く生育できない。これを維持するために環境の相対湿度を温度変化に拘わらず常に60パーセント以下に保つことが必要である。

出典:文部科学省-2.カビの生理生態と生育環境

相対湿度(RH:Relative Humidity)とは▶︎飽和水蒸気量(とある温度の空気に含みうる水分量)に対して水蒸気の占める割合のこと。

※同じ湿度(同比率)であっても温度によって飽和水蒸気量および占める水蒸気量は変化する

  • 温度が高い空気ほど水蒸気を多く保有でき、温度が低い空気ほど水蒸気を保有できなくなる
  • 温度が高い空気は上に、低い空気は下に溜まるため室内の空間であっても温度・湿度ともに差がある
  • 湿度の高い空気は密度が小さく上に上がる、一方で結露は温度の低い下から起きやすい

カビが活動しやすい温度

出典:高松塚古墳壁画劣化原因調査検討会(第6回)

カビの繁殖しやすい温度は20〜30度と言われていますが、氷点下を除き20度以下でも発芽します。

温度のみでカビの繁殖を防ぐことは難しいため湿度の調整が必要です。

カビ予防には湿度60%以下が望ましい

※ただし、温度によって空気に含める水蒸気量が変わるためエアコンの風や窓際など設置場所に気をつけましょう

2〜5℃の冷蔵庫で消費期限切れのチーズがカビてたのよ🥹

他のに移るから捨てて掃除しようね❗️

また、急激な温度変化の影響によって「結露」が生じるとその場所の湿度が上がるためカビやサビが発生しやすくなるので注意が必要です。

冬に呼吸の水蒸気が外気で冷やされてメガネが曇るのと同じだね💡

ドライボックス・防湿庫は家の中のどこに置けばいい?

ドライボックスや防湿庫であっても季節、天候、冷暖房による温度変化の影響を受けます。

また、容器の外にカビすると内部へ侵入しやすくなるので容器自体の置き場所にも気をつけましょう。できるだけカビの繁殖しやすい場所を避けて置くことが望ましいです。

室内でカビが繁殖しやすい具体的な場所

カビが発芽しやすい場所の例
  • 水回り:台所/お風呂場•シャワールーム/洗面所/洗濯機/トイレ
  • 窓ぎわ/壁
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 下駄箱
  • クローゼット•タンス/キャビネット•棚/押入れ/家具の裏側/床下収納
  • エアコン/空気清浄機/加湿器 など

▲これらの周辺は多湿/通気性が悪く空気がこもりやすい/結露しやすい/汚れ・ホコリ・皮脂・食べカスなどカビの栄養分が豊富/など、カビの好む場所です。

これらを整理すると以下の項目が望ましい設置位置となります。

  • 水回りでない場所
  • 風通しがいい場所
  • 窓ぎわでない場所
  • 冷蔵庫やエアコンなどの至近距離でない場所
  • 直射日光が当たる場所←カビは発生しにくいものの、収納した品が高温によって破損する恐れがあるため

優良物件探しみたいだ…

常用してマメに掃除してるとカビにくいけどサビがねぇ⚙

▶収納前のお掃除定番アイテム

シリカゲル、振りかけると〜♪

サビ違いだね❣️シリカゲル、振りかけると〜♬

Spotify:シリカゲル-神谷浩史

サビ(金属腐食)が起きやすい湿度

急に温暖多湿な気団がやってくると冷えきっていた金属表面に温暖多湿な空気が触れて結露するようになり,この場合にもサビが発生する.もちろん気温が低下しても,湿度が低いときには結露は起こりにくい.それゆえ結露を生じやすいある一定の湿度があるだろうということが考えられる.

図1は だいたい湿度70%以上になると,ある一定の結露が生じ,そのために金属(鉄)の腐食が増大することを表わしたものである. ただし試料金属を取りかこむふん囲気がきわめて清浄な場合には,結露が生じにくい. なぜならば結露が生ずるためには,水滴の中心になる何らかの核が必要だからである.

出典:金属腐食に対する気象の影響について

グラフを参照すると湿度50%を超えると傾きが強まり、湿度70%を超えると急激に跳ね上がっています。

出典先の資料によると湿度50%時は湿度30%の約1.6倍、湿度70%時は湿度30%の約4.4倍の腐食量となっており、サビ予防の視点では湿度50%以下が望ましいことが伺えます。

サビ予防には湿度30〜40%(または腐食量が緩やかな50%まで)が望ましい

カビもサビも湿気が大敵なんだね😵

だからこそ!

シリカゲル、振りかけるのよ❣️

※シリカゲルは約99%二酸化ケイ素からできているので毒性はないですが食べれません。

誤って口にして具合が悪くなったり、心配な時は最寄りのお医者さんに相談して適切な対応を伺ってくださいね。

【ドライボックス】Amazonの売れ筋(ナカバヤシ/HAKUBA)

▼下の表は左右に動かせます↔
※PCからご覧の方は表内のリンク以外をクリックした後に矢印キーまたは下段のバー/スマホからはスクロールで動かせます(=゚ω゚)b
(画像の読み込みに時間がかかります)

品名ナカバヤシ
キャパティドライボックス
DB-8L
ナカバヤシ
キャパティドライボックス
DB-11L
ナカバヤシ
キャパティドライボックス
DB-S1
ナカバヤシ
キャパティドライボックス
DB-27L
HAKUBA
ドライボックス
NEO 5.5L
HAKUBA
ドライボックス
NEO 9.5L
HAKUBA
ドライボックス
NEO 15L
商品
外寸
(約)
W21.2×D33.4×H20.5㎝W30.6×D48.6×H13.8㎝W25×D44×H29㎝W30.6×D48.6×H27㎝W22×D33×H13.5㎝W22×D33×H23㎝W24×D47×H23.5㎝
内寸
(約)
W15.5×D26×H17㎝

※付属トレイ設置時の
トレイから底までの高さは
(内寸の高さ-約5㎝)目安
W25.1×D40.3×H10㎝W20×D38×H26㎝W25×D41×H23.5㎝W17.5×D25×H10.5㎝W17.5×D25×H20㎝W17.5×D39×H19.5㎝
備考取扱説明書によると
付属の湿度計は
10%程度の誤差が
生じる可能性あり
幅×奥行きが
同サイズの
DB-L27と
重ね置き可能
ー幅×奥行きが
同サイズの
DB-L11と
重ね置き可能
湿度計は付属していない
機密性の高さに定評
◀︎左に同じ◀︎左に同じ
Amazon:売れ筋 ドライボックス

▲サイズ&重量:‎H8×W2.51×D0.51㎝/80g

【カビ•サビ予防】密閉収納ボックス+乾燥剤シリカゲルの使い方

使い方はシンプルでドライボックスに乾燥剤(シリカゲル)を入れるだけです。

乾燥剤シリカゲル+ナカバヤシ製ドライボックス

上の画像の器に入っている白と青の粒が『なんでも除湿シリカゲル』になります。

このシリカゲルは湿気を吸える状態は青色、湿気を吸う余裕がない状態はピンク色に変化するので状態を把握しやすく使いやすいです。

コスパが良いのは「なんでも除湿シリカゲル(1kg)」ですが、1kgタイプは小分けにされていないので自分で小分けにしたり計量する必要があります。

袋で小分けされていないシリカゲルを使用する時は、お茶パック(ティーバッグ)を使用すると小分けにすることも可能です。お茶パックは100円均一でも置いていたりするので興味のある方は覗いてみてください。

また、シリカゲルだけでなくタンスの防虫剤などを紐付きのお茶パックに入れて衣服と一緒にハンガーに吊るすこともできたりと便利です。

シリカゲルの再生・再利用方法

シリカゲルは吸い取った水分を乾燥させると再利用できます。

吸収した水分を飛ばす方法は、レンジでチンやフライパンで煎るなどが挙げられますがレンジが最も簡単です。

※レンジを使った後はニオイが籠らないように換気しておきましょう

再利用時に小分けパックのシリカゲルをそのまま温めると、シリカゲルから蒸発した水分が袋に付着して濡れます。

袋がビチョビチョになると、その水分をシリカゲルが再び吸う悪循環が生じるため、再利用する時は小分けパックのものでも袋から出して温めた方が使いやすいです。

器に移して温めた場合にも器の内側やシリカゲル自体に水分が付着するので棒でかき回したり、キッチンペーパーなどで粗方拭き取ってください。

温めた器は熱いので器を移し替えてドライボックスに入れています。

スポンサーリンク

シリカゲルは何年使える⁉︎

繰り返し使えるタイプの乾燥剤の使用期限は半永久的とされています。

ただし、再利用のために熱を加えていると焦げたり、割れたりするので吸水性が劣化することはあるかもしれません。

7年経った古いシリカゲルを再利用してみよう💡

シリカゲルの再利用①

上の2つの容器の中のシリカゲルは左の小分けパックに入っていたものです。

シリカゲル再利用②

購入したときは全部青色だったのですが、ジップ式の袋とはいえ何年も引き出しに入れていると全てピンクになっていました。

これを温めると…▼

シリカゲル再利用③

三年間使い回した左側もまだ使えますが焦げ?によって色が見えづらくなってきています。

再利用したシリカゲルは何分後に効果があるのか?

結論から言うと『なんでも除湿シリカゲル』は速効性です。

シリカゲル投入直後のドライボックス 湿度50%

▼

シリカゲル投入 25分後 湿度46%

▼

シリカゲル投入 4時間16分後 湿度39%

今回、湿度50%から40%までにかかった時間は約4時間でした。

使用環境▼

  • 坂本石灰工業所「なんでも除湿シリカゲル」20g分使用
  • ナカバヤシ「ドライボックス(容量8L)」を使用
  • 外気温:約30度/外湿度:約60%
  • 天候:晴れ
  • エアコン:未使用

※使用する乾燥剤の量、ボックスのサイズ、外気温、外湿度、天候によって除湿にかかる時間は異なります。

このドライボックス+なんでも除湿シリカゲルでは、2〜3週間ほどボックス内の湿度を40%前後に保てますが蓋を開けると湿気が入り込むためボックス内の湿度が上がります。

シリカゲルに湿気を吸う余裕がなくなっていると再び湿度が下がることはないので加熱して再利用してください。

また、遅効性の石灰乾燥剤のように再使用できないものの、一袋で半年以上の効果が持続する乾燥剤もあります。

このタイプは長期の保管(半年〜1年弱)に向いています▼

遅効性の石灰乾燥剤『キングドライ』

※ハクバのキングドライの持続時間▶︎約11ヶ月(ドライボックス22L使用時)

こちらの石灰乾燥剤の販売は「ハクバ写真産業株式会社」、製造元は上で挙げたシリカゲル同様の「坂本石灰工業所」です。

特徴としては、使い切りタイプ/効果は遅効性/持続時間は長め(約一年)/使い終わると土壌改良の肥料として使うことができます。

石灰乾燥剤は乾燥剤として再利用できないが肥料として使用できる

速効性・再利用・コストで選ぶならシリカゲル。効果持続時間の長さで選ぶなら石灰乾燥剤。

強力除湿⁉︎コンセント乾燥式 モバイルドライ/東洋リビング製

品名東洋リビング
モバイルドライ MD-3
東洋リビング
モバイルドライ MD-6
商品
サイズ

備考
W11.6×H3.3×D7.6㎝
重量:約193g
電圧:AC100〜240V

※乾燥剤の破片が
出ることがありますが
絶対に食べないでください
W15.3×H3.3×D10.3㎝
重量:約355g
電圧:AC100〜240V

※乾燥剤の破片が
出ることがありますが
絶対に食べないでください
消費電力平均10W/最大65W平均20W/最大65W
通電時間
(再利用に
かかる時間)
初回:約4時間
2回目以降:約2〜3時間
初回:約6時間
2回目以降:約4〜5時間
東洋リビング製 除湿器 モバイルドライ

デジタルカメラグランプリ2021-収納アクセサリー部門で金賞を受賞している東洋リビング製のモバイルドライ。

モバイルドライ内の乾燥剤の色がピンク→青になると吸湿性に余裕がある状態です。

使用手順▶︎吸湿性が弱まったら(ピンク色)、コンセントに挿して再利用できる状態まで加熱・乾燥させます。

再利用できる状態(青色)になったら、5分程度本体の熱を冷ましてから密封できるドライボックスに入れて湿度を管理してください。

※湿度が低過ぎると乾燥によって入れたものが劣化しやすくなるので調整が必要です。

ジップロックにモバイルドライを入れて間口の開き具合を調整すると丁度いい湿度を保てます。

口コミ

旅行とか出かけ先で便利だね♪

出かけ先ではシリカゲルをチンできないし、遅効性の石灰乾燥剤だと時間かかるからね。

<防カビ>ドライボックスにカビ防止剤はいる?いらない?

ドライボックスは手動で管理する必要があるため「気付いたら湿度が跳ね上がっていた!」ということがあります。

また、屋内外の温度差や冷暖房の使用によってもボックス内の湿度が変動しやすくなるので乾燥剤と併用してカビ防止剤を使用しておくと心強いです。

フジカラー カビ防止剤の特徴
  • 「社団法人北里研究所」が開発した有効成分BCA(α-ブロモシンナムアルデヒド/α-Bromocinnamaldehyde)を0.5%以上含ませた製品
  • シリカゲル結晶中の成分が常温で気化する
  • 効果▶︎カビの発芽防止/強力に繁殖を防ぐ/乾燥性がある
  • 効果時間▶︎約1年
  • 人体に無害
  • 再利用▶︎できない

防湿剤と防カビ剤の違い

  • 防湿剤▶︎カビが発芽および繁殖しにくい湿度に保つもの
  • 防カビ剤▶︎カビに対して直接作用して繁殖を防ぐ効果があるもの ※カビを死滅させるものではないため、既に付着したカビは手動で駆除する必要があります。
ハクバ レンズフレンズ レンズ専用 防カビ剤の特徴
  • レンズ・ガラスを好む乾燥性カビ類に効果のある防カビ剤
  • 防湿効果なしのため乾燥剤や防湿庫との併用が必要
  • 主成分▶︎シメン系化合物/カルバミン酸系化合物
  • 効果期間▶︎約1年
  • 再利用▶︎できない