当サイトは広告・プロモーション(PR)を含みます

【自作】コイン・ピンバッジ収納専用アクリルケースの作り方

複数枚の硬貨やバッジ類が収納できるケース円形の推し活グッズに対して円形のディスプレイケースがあったらいいなと自作してみました。

この記事では、円形アクリルプレート+スポンジゴムを活用してコインピンバッジ/缶バッジなどを収納できるケースの作り方をまとめています。

スポンサーリンク

DIY:円形アクリル+スポンジで作るコイン&ピンバッジケース

円形アクリルプレート+スポンジゴムで自作できるコイン&ピンバッジ専用ディスプレイケース

円形ケースや3〜4連コインケースが欲しくてDIY!

マニアックなこだわりは自作かオーダーメイドなら叶うかな?

コイン1枚用ケースは、通販でたまに見かけるね♦︎

電動ドリルで穴を開けたら割れて溶けた!?

電動ドリルで失敗したので中枠をスポンジへの変更に至ります

軽いものはドリルの回転に引っ張られて回るので危険です。

クランプなどを使用してズレないような工夫が必要になります。

DIYで工具を扱う際は、怪我をしないようにお気をつけください。

円形アクリルスポンジケースのハンドメイドに必要なもの

直径10㎝円形アクリルスポンジケースの設計図

素材:円形アクリルプレート2枚/厚み5㎜スポンジゴム/ネオジム磁石
必要な素材や工具
  • 設計図:コンパスで手書き、または図形ソフトで作る
  • 円形アクリルプレート:直径100㎜×厚み2〜3㎜のものを表面と背面に使用
  • スポンジゴム:サイズ300×300㎜×厚み5㎜を使用 ※直径100㎜の円が最大7枚切り出せる
  • コンパスカッター:円形にスポンジゴムをくり抜くために使用 ※使用する度に切れ味は落ちるので必要に応じて替え刃を交換する必要があります
  • ネオジム磁石:直径2㎜×厚み1㎜の磁石をプレートとスポンジを繋ぐために使用
  • ピンバイス:アクリルプレートに穴を開けて、磁石を埋め込むために磁石と同じ直径2㎜のドリルを使用 ※磁石の直径と穴の直径は揃える
  • カッター板:直径10㎝の場合は、100均一のカッター板サイズで必要十分です
  • クランプ:ズレないように押さえる必要のあるDIYをするときには必要(今回は不使用)

注意事項

ゴム、ウレタンビニル系などは、加水分解によってベタつきが生じることがあります。

汚れて困るものを直接接触させないようにお気をつけください。一切の責任を負いませんので自己責任で行ってください。

円形アクリルプレート

左:アクリルプレート厚み3㎜/右:厚み2㎜

アクリルプレート
厚み:2㎜と3㎜の差
  • 2㎜厚を蓋にする場合:アクリルプレートに穴を貫通させて厚み1㎜の磁石を2つ×3箇所に埋め込みます。 ※穴を広げすぎてしまうと磁石が外れやすくなる
  • 3㎜厚を蓋にする場合:厚み1㎜の磁石を2つ×3箇所に埋め込むと必要十分なので貫通する必要はありません。 ※非貫通の場合は、穴の深さが足りないと磁石が内側にはみ出し、やり直しが効かない
  • 厚みが太い方がやや高級感が増してやや重くなります
  • 厚みが薄いと軽いので磁石が小さくても蓋が外れにくくなります

スポンジゴム

※厚みに奥行きがある方が収納品の表面が擦にくいですが、コンパスカッターで切れる深さは約5㎜なので、5㎜厚を使用しています

コインを直入れする場合は、スポンジの厚み3㎜でも作れますコインケースごと収納する場合は、厚紙や1㎜スポンジで厚みの調整が必要になります▼

コインケースごと収納するときは厚み調整が必要

※使用しているコインケースの外寸は直径:約33.3㎜×厚み:約5.6㎜

コインケースや付属してる調整用のスポンジ(ガスケット)活用すると、コンパスカッターで開ける穴の大きさを統一して異なるサイズのコインを収納できます。

コンパスカッター

オルファ コンパスカッター
品番:57B
オルファ
ラチェット付きコンパスカッター
品番:189B
  • 穴あき防止プレートなしの場合:直径1.6~22㎝までカットできる
  • 穴あき防止プレート使用時:直径4〜22㎝までカット可能
  • ラチェット機構:ハンドルを時計回りに回すと切り進むことができ、反時計回りに回すとハンドルのみを戻せるため、一周捻らなくても切り進めることができます ※ただし、時計回りでしか切断できない
  • 厚み約4〜5㎜まで切断できる
  • 付属品:替え刃10枚
  • 替え刃の品番:オルファ コンパスカッター 替刃 XB57
  • 発売元:オルファ株式会社(OLFA)

ネオジム磁石

穴が開けやすいように直径は小さめ、かつ1㎜単位の調整をしやすいサイズを選んでいます。

磁石は面積が小さく、厚みが薄いほど磁力は弱いので自分の用途に合ったサイズをお選びください

※DIYやガレージキットなどでは、ハイキューパーツのネオジム磁石が人気です

今回作るケースには、パーツを繋ぐために磁石を多く使用するので約1,000円/300個(1個あたり約3円)のものを選んでいます

マグネットホルダーのような磁石式またはスクリューダウンケースのようなネジ式するかはお好みで!

※複数の磁石を組み合わせて造形する磁石製娯楽用品(マグネットセットの玩具)をお子様が誤飲することがあるため、消費生活用製品安全法施行令改正に伴い、2023年6月19日から強力な磁石を複数個組み合わせる玩具および吸水性のオモチャの販売が規制。

※オモチャとしての磁石以外は、今後も販売継続とのことですが、

お子様がおられる家庭では、プラモデルやハンドメイドで扱う磁石の取り扱いや保管場所に注意して安全にお取り扱いください

安全第一!

ピンバイス

※タミヤ製のピンバイス本体とドリルは別売りです

円形アクリルスポンジケースの作り方

オルファ製ラチェットコンパスカッターでスポンジゴムを円形にくり抜く/ピンバイスでアクリルプレートに磁石の直径と同じ幅の穴を開ける

手順①〜⑤
  • ①外円をくり抜く▶︎使用する円形アクリルプレートと同じ直径でスポンジをくり抜く
  • ②内円をくり抜く▶︎収納したいものに合わせて収納スペースをくり抜く 例:直径30㎜のコインをそのまま入れる場合は直径30㎜の穴をくり抜く
  • ③ピンバイスでスポンジとアクリルプレートの同じ場所に磁石(またはネジ)用の穴を開ける
  • ④磁石を埋め込む(またはネジを通す)
  • ⑤組み立てると完成

コンパスカッターでスポンジをくり抜くときのコツ:先に外円をくり抜いた後で内円をくり抜く

※スポンジは柔らかいので内円を先にくり抜くと、外円をくり抜くときに形が歪みやすい

スポンサーリンク

ピンバイスで同じ位置に穴を開けて磁石を埋め込むコツ

ピンバイスで同じ位置に穴を開けてネオジム磁石を埋め込むコツ

アクリルプレートの穴あけ

3㎜厚のアクリルプレートを支えるために、直径2㎜×厚み1㎜のネオジム磁石を3箇所に2個ずつ使います。

非貫通でつくりたいときは、穴の深さを確認してから磁石を埋め込みましょう。

2㎜厚のアクリルプレートに1㎜厚のネオジム磁石を2つ埋め込むには、貫通させる必要があります。

※穴が緩いと磁石が外れるため、穴がギリギリ開いた程度で磁石を押し込む必要があります。

もしも、磁石が取れてしまう場合は、木工用ボンドやパテで穴を塞いで調整します。

※1つの穴を開けて磁石を埋め込むたびに初めにつけた印の位置は僅かにズレるので1つごとに印の修正が必要です

スポンジゴムの穴あけ

穴を開けたアクリルプレートと同じ位置にスポンジゴムに穴を開けるときは、

スポンジゴムを重ねたアクリルプレートの穴に向かって外側から針を刺して印を付けましょう。

※針の穴の位置が分かりにくいときは、糸を通した針やシャーペンの芯を活用

ピンバイスで印の位置から垂直に穴を開けるとズレが小さいです。

アクリルプレートの保護フィルムは完成後に剥がす

※アクリルプレートの保護フィルムは、表面を傷つけないように完成後に剥がしましょう

アクリルプレートの販売元によって、保護フィルムが剥がれにくいものもあります。

完成例品①ポケモンカードゲームのトスコイン1枚収納ディスプレイ

コイン1枚用:円形アクリルスポンジケース

ポケカのトスコインのサイズ(日本国内販売)は、およそ直径30㎜×厚み2㎜

※海外限定のトスコインはサイズが異なります

画像では、直径:約33.3㎜のコインケースに合わせて中心をカットしています

コイン1枚用に必要な素材費用の目安
アクリルプレート2枚:約300円
直径10㎝×5㎜厚の
スポンジゴム
1枚:約40円
厚紙

5.6㎜厚コインケースごと
収納する調整用に
0.8㎜の厚紙を使用
折り紙の折れ防止用に
付属してたものなので
無料〜数円
直径2㎜×1㎜厚の
ネオジム磁石
プレート2枚に12個
スポンジに18個

計30個:約90円
和紙使った量は数十円

推し活用に装飾したものは個人の嗜みとして扱い、販売しないようにご注意ください

OPP袋110×110㎜または115×110㎜

表裏のプレート厚さ2㎜ではOPP袋T110×110㎜/厚さ3㎜ではT115×110㎜が適合サイズ
一枚収納用に合うOPP袋
  • 2㎜厚×直径10㎜のプレート2枚+厚紙約1㎜+スポンジ5㎜の場合▶︎T110×110㎜
  • 3㎜厚のプレートを2枚使った場合▶︎T115×110㎜

完成品例②コイン4連収納ディスプレイ

コイン3〜4連用:円形アクリルスポンジケース

コイン4連収納用の作り方

スポンジのニ層目に3つの穴を開けて、一層目には中心に穴を開けた後で二層目と同じ位置に3つの穴を開けます。

1層目に1つのコイン収納し、二層目に3つのコインを収納してアクリルプレートで挟みます。

※コインケースごと収納すると、スポンジより厚みが1㎜ほどはみ出すので約1㎜の柔らかいスポンジを敷いています

コイン4連用に必要な素材費用の目安
アクリルプレート2枚:約300円
直径10㎝×5㎜厚の
スポンジゴム
2枚:約80円
薄いスポンジ

5.6㎜厚コインケースごと
収納する調整用に
約1㎜のスポンジを使用
ホームセンターの
園芸コーナーで
無料
直径2㎜×1㎜厚の
ネオジム磁石
プレート2枚に12個
スポンジに33個

計45個:約135円
5㎜厚スポンジ2枚使用時の
OPP袋
  • 2㎜厚のアクリルプレート2枚使用した場合▶︎T115×110㎜
  • 3㎜厚の場合▶︎T120×160㎜

完成品例③ピンバッジ3連収納ディスプレイ

ピンバッジ3個用:円形アクリルスポンジケース

ピンバッジ3連収納用の作り方

ピンバッジ3連用は、コイン4連用の二層目のように3つの穴を開けたスポンジを3枚重ねると作れます。

収納スペースの直径は、ピンバッジが収納できるように調整しましょう。

収納スペース用に繰り抜いたスポンジにピンバッジを通して、中央にはめ込むと完成です。

5㎜厚のスポンジ3枚を重ねるとは、ピンバッジの厚み1.5㎝未満まで収納可能ですが、それ以上に太い場合は4枚目が必要です。

ピンバッジ3連用に
必要な素材
費用の目安
アクリルプレート2枚:約300円
直径10㎝×5㎜厚の
スポンジゴム
3枚:約120円
直径2㎜×1㎜厚の
ネオジム磁石
プレート2枚に12個
スポンジに48個

計60個:約180円
5㎜厚スポンジ3枚使用時の
OPP袋
  • 2㎜厚のアクリルプレート2枚使用した場合▶︎T120×180㎜
  • 3㎜厚の場合▶︎T125×150㎜(ミニ色紙サイズ)

円形プレートの飾り方:お皿用スタンドがおすすめ

円形アクリルプレートにお皿用スタンドが合う

スタンドの色銀・金・黒・白
4号高さ10.5㎝
直径8〜13㎝対応
5号高さ12㎝
直径13〜18㎝対応
6号高さ14.5㎝
直径18〜21㎝対応
7号高さ17㎝
直径21〜23㎝対応
8号高さ20㎝
直径23〜28㎝対応
10号高さ25㎝
直径28〜36㎝対応
12号高さ30㎝
直径34〜44㎝対応
15号高さ38㎝
直径36〜56㎝対応
17号高さ43㎝
直径45〜71㎝対応

くり抜くスポンジの大きさを変えるだけで、硬貨/バッジ/缶ミラー/ビー玉/スーパーボール/メンコ/アクセサリーも収納できる展示向きのケースになって良かったです♪

タイトルとURLをコピーしました