当サイトは広告・プロモーションを含みます

Planet Expressの使い方:アメリカ・イギリス倉庫住所取得&転送

【体験&使い方】転送サービス「Planet Express」を使ってみた

この記事では、体験した流れに沿って、日本への配送を行なっていない海外サイトから購入した品を転送サービス「Planet Express(プラネットエクスプレス)」で海外倉庫の住所を取得して転送(個人輸入)する方法をまとめています。

以下の流れに沿って記載しています
  • 転送サービスの大まかな流れ
  • Planet Express(プラネットエクスプレス)で取得できる海外の住所の種類
  • 新規登録のやり方
  • 取得した住所の確認
  • 無料会員と有料会員の違い
  • 転送サービスから自宅へ発送する手続きの手順
  • かかった費用(実体験の一例)

スポンサーリンク

転送サービスの大まかな流れ
  • 海外転送サービス「Planet Express」に登録して海外の倉庫住所を取得する
  • ⑵海外の通販サイトの配送先住所欄に取得した住所を入力・登録して買い物をする
  • ⑶海外の通販サイトから転送サービスの住所(倉庫)に貨物(購入品)が発送される
  • ⑷転送サービスの倉庫に貨物が届くと、登録しているアドレス宛に通知が届く
  • 転送サービスから自宅に国際配送(転送)するための手続きする
  • ⑹後日、自宅で荷物を受け取る

Planet Expressはアメリカとイギリスの倉庫住所を取得できる⁈

Planet Expressで取得できる倉庫の住所(国・地域)+税率
  • ※現地では、転送サービスの住所を利用して買い物をすると商品やサービスに対して、間接税(日本における消費税のようなもの)がかかります。

    アメリカでは各州税+郡税=売上税(Sales and Use Tax)

    イギリスでは付加価値税(VAT=Value Added Taxの略)が課税されます
  • ⑴アメリカ:カリフォルニア州トーランス(売上税10%)
  • ⑵アメリカ:オレゴン州テュアラティン(無税0%)

    ✔︎以前は有料会員のみ利用できましたが、2024年2月に無料会員でもオレゴン州、フロリダ州の倉庫の住所取得ができるように変更されました(その都度、公式サイトで利用可能かをご確認ください)

    ※海外サイトの配送先住所にオレゴン州(無税)の住所を指定すると、売上税0円で会計ができるためコストを抑えることができます
  • ⑶アメリカ:フロリダ州フォートピアス(売上税7%)
  • ⑷イギリス:イングランド・チェシャー州ウォリントン(付加価値税20%)

    ✔︎ヨーロッパのお店でイギリスやアメリカが配送圏内の場合は、各倉庫の住所で貨物を受け取ることも可能ですが、関税や輸入VATがかかる可能性があるため、下調べが必要です(高額になりやすい)

    ※事前の見積りが推奨されています

    ▶︎Planet Expressの運賃を計算する(見積もりページ)

    (ヨーロッパのお店を利用するときは、ヨーロッパ内に倉庫のある転送サービスの方が無難かもしれません)

▼無税と有税の地域の売上税の違い(例)

Planet Express:取得したオレゴン州(無税)とカリフォルニア州(約10%)の住所をそれぞれ選択したときの売上税の違い

無税な地域だと高額なものほど節約できるね♪

まずは、新規登録のやり方へ▼

スポンサーリンク

Planet Expressの新規アカウント作成のやり方

※スマートフォン・パソコンでも手順は同様です

※公式サイトの言語設定は、トップページ左上から変更できます(またはスマホやパソコンの翻訳機能使用する)

Planet Express(プラネットエクスプレス)新規登録のやり方
Planet Express
新規アカウント作成の手順
  • ↓公式サイトを開く
  • ↓右上の「≡」メニューを開いて、アカウント新規作成を選択する
  • ※登録情報を英語で入力する

    ・First Name(名)
    ・Last Name(姓)
    ・Country(国名)
    ・E-mail(Eメールアドレス)
    ・Password(ログイン用のパスワード)
    ※半角英数字、一部記号、最低1文字以上は大文字
    ・Confirm password(確認のため上記のパスワードをもう一度入力する)
  • ↓人間である確認
  • ↓Create Account(アカウントの作成を確定する)
  • ※暫くすると、登録したアドレスに確認用のメールが届きます

    確認メールには、メールアドレス確認のリンクが添付されているのでリンクから確認を完了させる必要があります

    ※未完了の場合、利用に関する通知が届かないのでご注意ください


    ✔︎確認メールが届かない場合は、ログイン後のページの赤枠に記載しされている「resend if you haven’t received it(受け取っていない場合は再送信する)」を選択すると再送されます

    ✔︎この段階では、無料会員のプランです

    ※後から有料のプレミアム会員に変更することができます(有料会員から無料会員に戻すこともできます)
  • ↓自宅の住所の登録を済ませる
  • デポジット(5ドル)を預けると転送サービスの海外住所を取得できます

自宅の住所と電話番号の登録を済ませる

Planet Express:自宅の住所・電話番号の登録を済ませる(転送サービスの倉庫から自宅に届けるために必須)

アカウントの新規登録後、ログインするとダッシュボード(Dashboard)に案内が表示されています。

案内に従って①確認メールからメールアドレスの確認を完了させる、②自宅の住所と電話番号の登録を済ませる必要があります。

※自宅の住所・電話番号を英語で入力する
  • 氏名・国名は、新規アカウント作成時のものが既に入力済み
  • Address line1(住所1):部屋番号,アパート名,丁目-番地-号,区町村

    ※英語表記の住所は、日本語表記とは逆の並びになります

    住所が長い場合は、Address line2の欄に分けて入力する
  • City(市)
  • State(都道府県)
  • Zip code(郵便番号)
  • Phone number(電話番号):プラネットエクスプレスでは国番号を付けずに通常の番号を入力する
  • Add address(自宅の住所の追加を確定する)

▼英語表記の住所の書き方の順番(例)

▼順番住所を英語にした場合の順序
※区切る場所にコンマ「,」を付けると誤解されにくい

宛名または差出人

宛名(To~)/差出人(From~)

部屋番号
アパートやビルなどの建物の名前

※部屋番号には「#」を付ける
例:505号室=#505
#505 Mezon Nikoku

ビルの場合、
地上:F(floor)
地下:B(Basement)
例:地上15階=15F地下3階=B3

丁目-番地₋号

※数字とハイフン「-」で大丈夫です
例:999-888-777

村・町・郡・区・市

-mura/-sonまたはVillage=村
-choまたはTown=町
-gunまたはCounty=郡
-kuまたはWard=区
-shiまたはCity=市
※ローマ字で繋ぐ場合はハイフン必須
例:Aoba,Aomori-shi

都道府県

-ken/-fuまたはState/Province/Prefecture=県

※東京都(Tokyo)/京都府(Kyoto)/青森(Aomori)
などでも配送業者に伝わる

※北海道はHokkaidoと表記
例:Aomori-ken

郵便番号

Postal code(zip code)
※日本郵便のマーク(〒)は海外には通じないため不要
※WEB申し込み等でハイフンが不要な場合以外はハイフンを付ける
例:030-0846
例:0300846

国名

Country
※国際配送では最後に国名も記載必須
例:Japan

デポジット(預かり金)支払い:アカウント有効化と倉庫の住所を取得する

Planet Express:デポジットでアカウント有効化→アカウントID番号+転送用の倉庫住所取得

※デポジット(Deposit)=意味:一時的な預かり金・保証金

プラネットエクスプレスでは、デポジット5ドルを預けるとアカウントが有効化されて「自分のアカウントID(Suite ID」と「転送用の倉庫の住所」を取得できます。

※デポジットは、その後の費用に充てることができます

アカウント有効化のために
デポジットを預ける流れ
  • ↓デポジットの案内表示の「入金」を選択する
  • ↓クレジットカード(または国際ブランド付きのデビットカード)の情報を入力する

    使えるカードブランド:JCB/Visa/Mastercard/Diners Clubなど
  • ↓カードの名義を入力
  • ↓国名・電話番号を入力
  • ↓支払うボタンから確定する
  • ↓アカウント有効化のメールが通知されます

    自分のアカウントにSuite ID(名前の横に追加されているアカウント番号)が自動で割り当てられてます
  • 各倉庫の住所を確認できるようになる
  • 取得した住所を海外の通販サイトの配送先住所に設定する
  • 楽天カード:楽天市場でお得なクレジットカード

    Visa/MasterCard/JCB/American Expressのいずれかの国際ブランドを選択可能
  • 楽天銀行デビットカード:普通預金口座の残高の範囲でお支払が可能なデビットカード

    Visa/MasterCard/JCBのいずれかの国際ブランドを選択可能
  • Amazon Mastercard:Amazon.co.jpと三井住友カード株式会社が提携したクレジットカード

新規登録とアカウントの有効化が済んだら「取得した住所」の確認へ▼

スポンサーリンク

自分のSuite IDと倉庫の住所を確認する

Planet Express:取得した住所の確認方法

アカウントの有効化を済ませると、公式サイトの「ダッシュボード」でアカウントID(Suite ID)と取得した住所が表示されます。

※取得した住所+「#: Suite IDの英数字」が、自分の転送用倉庫の宛先になります

※住所が変更となることがあるかもしれないため、ご利用の度にダッシュボードから最新の住所をご確認ください

※有料のプレミアム会員のプランを利用したい方は、必要に応じてプラン変更を行なってください

無料会員と有料会員の違い

✔︎左列:無料会員プラン(フリーメールボックス)/右列:有料会員プラン(プレミアムメールボックス)

Planet Express:無料会員と有料会員(月額制or年額制)の価格・オプションの違い

▶︎無料会員と有料会員のプランの違い(参照)

有料会員・無料会員の違い
  • 有料会員には、月額制(1ヶ月10ドル)と年額制(一年間50ドル)がある

    有料会員は、同梱サービス・複数個口発送(MPS)を利用できる
  • 無料会員は、複数の荷物をまとめる同梱サービスや複数個口発送(MPS)利用できない
  • 荷物の無料保管期間が異なる

    ・無料会員→10日間
    ・有料会員→45日間

    ※どちらも期限を過ぎると追加保管手数料がかかる

有料会員は、初期設定では自動更新される⁉︎

有料プランは初期設定では自動で更新されるようになっています。

ただし、更新のための費用が「アカウントデポジット」になければ更新ができずに無料会員へと変更されます。

1ヶ月だけ有料プランを利用して、翌月(1ヶ月後)には無料プランに変更したい場合は、有料プランの利用中に無料プランへダウングレードすると月額制有料プランの有効期限を終えたときに無料プランに切り替わります。

有料会員プランは加入日から数える⁉︎

月額制(加入日から30日)、年額制(加入日から365日)が有料プランの有効期間になります。

取得した住所で海外サイトで商品を購入する(例:海外ポケセン)

自分が利用したい海外サイトで買い物をする。

✔︎取得した住所を海外の通販サイトの配送先住所(Shipping Address)に指定して買い物をすると、Planet Expressで取得した倉庫に荷物が届くようになります

▼例:アメリカ版ポケモンセンター

プラネットエクスプレスの購入代行サービスもある

Planet Express:Shop for me(プラネットエクスプレスによる代理購入サービス)

購入代行サービス(Shop for me)とは、倉庫の選択、商品名、商品の説明、商品のリンク、価格、数量などを入力してプラネットエクスプレスに代理購入を依頼するサービスです。

※自分で海外サイトのカード支払いができない場合などに使われる

※Shop For Meのリクエストを処理するには、手数料として注文全体に5ドルと7%を請求されます(キャンセルの場合、別途返品手数料等がかかる)

スポンサーリンク

マイ倉庫に荷物が届いた後の転送手続きのやり方

荷物の転送・発送手続きの流れ
  • ※複数の荷物を同梱する場合は、選択してまとめる

    ※同梱サービスは、有料会員のみ利用可能

    Planet Express▶︎同梱発送について
  • ⑴スペシャルリクエストが必要なときは利用する
  • ⑵税関申告書を作成フォームから必要な情報を入力する
  • ⑶発送方法(配送業者)を選択する
  • ⑷保険の有無と追加オプションの有無を選択する
  • ⑸デポジットに請求額を入金して支払う
  • ⑹発送する
  • ⑺Planet Expressに登録している住所(自宅)に後日、荷物が届く

⑴スペシャルオプションの有無

Planet Express:スペシャルリクエストの有無

プラネットエクスプレスでは、倉庫に届いた段階でスペシャルリクエストを利用することができます。

※スペシャルリクエスト(Special Request)の項目は、ダッシュボードの該当荷物欄の下の方にあります

※基本的には、有料オプションです

スペシャルリクエストが必要でない場合は、税関申告書の作成(自分で作成する)へ進みましょう。

スペシャルリクエストの種類
  • 3 Content Photos(品物のの基本的な写真を撮影)
  • 10 Content Photos(品物の詳細の写真):インボイス、 衣類のラベル、モデル/シリアル番号/IMEI番号を撮影
  • Fill out the Custom Declaration(税関申告書の作成代行):お荷物を開封し、 インボイスと中身を元に税関申告書を記入します。※インボイスがない場合は、 商品のみを記入してお客様ご自身が価格を入力する
  • Return Package Request(送り主へ荷物を返送):荷物を送り主に返送するために使用します。返品ラベルをアップロードする必要があります
  • Other Request(その他の依頼):その他の要望がある時に利用する
  • [無料]Report Mistake(間違いの報告):寸法や重量の計り直しもこちらから申請することができます

    回答は、営業日なので土日・祝日などは明けてからの返信になります。時差に注意
  • [無料]Trash(荷物の破棄):倉庫に届いた荷物を捨てるサービスなので誤選択しないように要注意

⑵税関申告書を作成

Planet Express:転送・発送手続き①税関申告書を作成する
Custom Declaration
(税関申告書)の作成手順
  • ⑴Fill out the Declaration(税関申告書を作成)を選択する
  • ⑵内容物の情報を入力する

    ※必ず、英数字で入力

    ・Description:商品名(または品目)

    ・Qty:個数(同一商品の個数)

    ・Value($/ドル):一つ当たりの価格 

    ・Origin:原産国 

    ・Batteries(電池の有無) 

    なし:電池が含まれない商品

    PI965:電池単体。日本への発送は行われていない

    PI966:取り外すことができない電池(iPhoneなど) 

    PI967:取り外しが可能な電池(カメラなど)

    ※2種類以上の商品がある場合は商品の追加(+Add item)を押して商品記入欄を追加してください
  • ⑶品物の用途を選択する

    ・Merchandise(商用) :商用利用の場合

    ・Gift(家庭用):個人利用の場合
  • ⑷保存して発送方法の選択へ

    各発送方法によって、配送料金/保険料/配送の目安日数など条件が異なります

    ※翻訳機能などを用いて目を通して、自分の用途に合ったものを選びましょう

    ※不明な点があれば、発送前にプラネットエクスプレスのカスタマーセンターに問い合わせすることを推奨します

⑶発送方法の選択&⑷保険料と追加オプションの有無

Planet Express:転送・発送手続き②配送業者の種類/保険/オプションの有無を選択する
保険と追加オプションの有無
  • ・Priority(優先):急いでいるときなど記載されている時間内に優先的に作業が行われるサービス 

    ※不要な場合は「空欄」
  • Insurance(保険)
    紛失の場合は、申告価格に記載した商品価格+発送料+プラネットエクスプレスに支払ったサービス代金が返金されます

    破損の場合は、申告価格の商品代の返金となります

    ※国際配送では、日本よりも紛失、盗難、破損などトラブルが生じやすいと言われてるため保険をかけておくことを推奨します

    ※DHLとFedexは配送料に保険が含まれているとのこと

    ▶︎もし荷物が破損・紛失したらどうしたらいいですか?[参照]
  • 追加オプション

    ・Extra Bubble Wrap:緩衝材の追加同梱時壊れやすい品が含まれる時におすすめ

    ・Remove Invoice for Gift Item:ギフトの場合のみ荷物から納品書を取り除く

    ・Security Tape:梱包テープ追加

    ・Fragile Sticker:割れ物(壊れやすい物)シールの追加

    ・Wrap Package in clear Plastic Wrap:箱をラップで包む

    ※不要な場合は「空欄」

⑸請求額をデポジットに入金して支払う

Planet Express:支払いはデポジットに入金→デポジットから支払われる

Planet Expressでは、デポジットから請求額を支払います

そのため、転送手続きの入力が済んだ段階で表示される請求額をデポジット残高にチャージ(入金)する必要があります。

※アカウントデポジットは、$5から入金可能です。ただし、銀行送金の場合は$50から入金可能

Planet Expressで利用可能な支払い方法の種類
  • クレジットカード
    JCB/Visa/Mastercard/Diners Clubなど
  • 国際ブランド付きのデビットカード
    JCB/Visa/Mastercard/Diners Clubなど
  • Paypal
  • 銀行送金
  • Amazon Pay(Amazon.com=アメリカ版Amazon)
  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム
  • ドージコイン
  • XRP
  • USD Tokens など

デポジットの残高を返金してほしいとき

Planet Express:デポジット残高を返金申請したいとき

チャージしたデポジットの残高を返金してもらうことも可能です。

デポジットの返金リクエスト方法
  • ⑴アカウントにログインする
  • ⑵My Accountに表示されているデポジット残高(Deposit)の横の詳細(Detail)を開く
  • ⑶検索バーの上に表示される返金リクエスト(Request Refund)を選択する
  • ⑷必要な情報を入力する

    ・Amount(返金をご希望の金額)

    ・Your Paypal email address(ペイパル経由の返金は、PayPalに登録しているメールアドレスが必要)

    ・Reason(返金ご希望理由を英語でご入力ください)

    ✔︎登録しているカードに返金する場合は、
    Reason欄に「Please refund to the original payment method(意味:元の支払い方法で返金してください)」と記入すると、お支払いにご利用いただいたカードへの返金を手配されるとのこと

    ※登録カードへの返金の場合は、Paypalのメールアドレスでなくていい

⑹発送する

Mail Out=発送(Ship Out)する。

発送手続きが済むと、ダッシュボードのMail Outの部分が「発送準備中、まもなく発送されます」と表示されます。

荷物が発送されると、登録しているアドレス宛に発送通知と追跡番号(Tracking number)が届きます。

⑺後日、自宅に荷物が届く

ヤマト運輸(配送日数の目安:5〜7営業日)を選択してアメリカのカリフォルニア州倉庫を利用したときは、約6日で届きました。

同じくヤマト運輸を選択してオレゴン州倉庫(無税)を利用したときは約10日でした。

✔︎オレゴン倉庫利用時の注意書き

オレゴン州の倉庫からPlanet Mail、Aramex、Yamato International、USPSの配送方法で発送された荷物は、まずカリフォルニアの倉庫に送られます。

そのため、配送に約7〜12日ほど長くかかります

より迅速な配送が必要な場合は、オレゴンから直接送られるFedEx およびDHLの配送方法を使用することをお勧めします。

荷物を受け取ったら、中身が破損していないか早めに確認しておきましょう。

スポンサーリンク

関税と消費税の支払いについて

関税および消費税の請求については、税関または各配送業者から連絡や通達があります

※免税の範囲に収まる場合は、請求されません

受け取りの際にその場で配達員に支払う。または後日、関税および消費税に関する請求書が自宅に届いてから支払うなど配送業者によって異なります。

税関▶︎輸入統計品目表(実行関税率表)

※関税は、品目ごとに異なります

※輸入時にかかる消費税は、内国消費税(7.8%)+地方消費税(2.2%)=10%

課税価格の合計額が1万円以下の物品の輸入については、その関税及び消費税が免税されます。

ただし、消費税以外のその他の内国消費税(例えば、酒税、たばこ税等)が課せられる場合は、それらの税は免税の適用がありません。

なお、課税価格の合計額が1万円以下の物品であっても、我が国の産業に対する影響その他の事情を勘案して、特に定められた物品については、免税適用になりませんので留意して下さい。

また、「関税を免税しない物品」として特に定められた物品であっても、税関において個人的使用に供されると認められる贈与品であって、課税価格が1万円以下の場合は免税となるものもあります。

出典:税関-1006 課税価格の合計額が1万円以下の物品の免税適用について(カスタムスアンサー)
個人輸入の課税価格の計算方法
  • 個人使用(家庭用)の場合は、商品代金 ×0.6のみが課税価格となります

    課税価格=海外小売価格(購入額)×60%

    ✔︎免税対象になる課税価格1万円以下の場合の計算

    10,000円(課税価格)=海外小売価格×0.6(60%を少数点に変換)

    10,000円÷0.6=海外小売価格

    海外小売価格=約16,666円


    つまり、購入額の16,666円未満まで関税・消費税は免除されることになります

    ただし、免税対象外の品(乳製品や肉類の加工品/革製品/ニット類など)には適用されません
  • 商用の場合は、商品価格+国際送料+保険料の合計が課税価格となります(0.6掛けはなく商品価格満額で計算します)

※内容物の総額20万円を超えるの輸入品の場合は、輸入申告手続きが必要になります。20万円を超える荷物を輸入する場合に通関交換局から通知が届く。

[①配送業者(郵便局など)や通関代行業者に委託する/②あらかじめFedExなど輸出入申告手続きも料金に含まれている配送業者を利用する/③自分で必要な書類を集めて手続きする]

例:総額20万円を超える荷物の
日本郵便の委任料金(目安)
  • 日本から海外に送るとき▶︎輸出申告代行手数料は、輸出申告一件につき2,800円
  • 海外から日本に送られるとき▶︎輸入申告代行手数料は、輸入申告一件につき輸入申告書の欄数に応じて、
    2欄までのもの:6,600円
    3欄〜6欄までのもの:9,300円
    7欄以上のもの:12,000円

※内容物の総額20万円以上の物を海外から輸入するときは、あらかじめ税関の公式サイトや自分が利用する各配送業者から必要な情報を得てください

▼FedExの関税および消費税の立替手数料を0円にする方法

【使ってみた体験談】転送費用と配送日数

以下の表は、あくまで一例です

※どちらもヤマト運輸経由

Planet
Express
アメリカ
カリフォルニア倉庫
経由
アメリカ
オレゴン倉庫(免税)
経由
発送手続4/304/30
発送通知日5/15/1
配送過程5/1
米国ヤマト
ロサンゼルス
宅急便支店

5/3
国際宅急便
サービスセンター
(羽田)

5/4〜5
通関手続き

国内配送
5/3
米国ヤマト
ポートランド支店

5/6
国際宅急便
サービスセンター
(羽田)

5/6〜8
通関手続き

国内配送
荷物の到着日5/65/9
荷物サイズ約L9×W8×D7inch
(インチ)
約23×21×18cm
約L9×W8×D5inch

約23×21×13cm
荷物の重量約3.00lb
(ポンド)
約1.36kg
約2.40lb

約1.09kg
費用配送料:約43ドル
保険料:約6ドル
メールアウト費:2ドル

合計:約51ドル
※無料会員
※同梱なし
配送料:約42ドル
保険料:約6ドル
メールアウト費:2ドル

合計:約50ドル
※無料会員
※同梱なし

※寸法:L(長辺)×W(短辺)×D(奥行き)

※1インチ=2.54センチメートル

※1ポンド≒約0.4536kg

例:国際送料50ドル=7500円(ドル円為替150円時点)

オレゴン州倉庫は無税のため、海外サイトでの購入時のSales Tax(売上税←消費税のようなもの)が0円なので購入コストを抑えることができます(例:商品価格が100ドルであれば、売上税率10%の州よりも約10ドル節約できる)

複数の荷物があるときは、1つの倉庫宛に発送する→月額制の有料会員に切り替えて同梱サービスで発送する方が、複数の荷物を別々に発送する送料の総額よりも安くなりやすいです。

感想:メリットとデメリット
  • メリット①:無料プランでも2024/2月にオレゴン州の免税倉庫の住所を取得できるようになったことで、売上税がかからないのは大きなメリットに感じます
  • メリット②:分からないことなどの問い合わせが、日本語ででき、日本語で回答がくるので分かりやすいです。(返答も早い)
  • メリット③小さく軽いものであれば配送料が安い
  • メリット④アメリカ倉庫だけでなく、イギリス倉庫の住所も取得できる
  • メリット⑤:公式サイトで言語設定を切り替えできる
  • デメリット①:同梱サービスに関しては、プラネットエクスプレスでは有料会員のみなので必要に応じて切り替える必要がある
  • デメリット②:デポジットに入金して支払う必要がある

プラネットエクスプレス:運賃のお見積もり

以上が、Planet Expressの一通りの使い方&体験談になります〆

Reference and Quote
(参考・引用元)

▼アメリカとヨーロッパ倉庫のある転送サービス「Shipito」の使い方

タイトルとURLをコピーしました